その他の支所の問合せ先

共同募金・日本赤十字事業

共同募金の協力

共同募金は、赤い羽根募金

赤い羽根「赤い羽根募金」は、「共同募金」の愛称です。

共同募金のシンボルは「赤い羽根」

「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。
1948年頃、アメリカでも水鳥の羽根を赤く染めて使っていました。
それにヒントを得て、日本では、不要になった鶏の羽根を使うようになりました。
「赤い羽根」は運動が始まった頃は、寄附をしたことを表す印として使われました。
現在では、「共同募金」のシンボルとして幅広く使われています。

共同募金は、「社会福祉法」に基づき、都道府県ごとに共同募金会を設置し、募金運動を展開しています。
また、共同募金は、地域福祉の推進を目的に、民間の社会福祉事業に必要な資金を集めるため、全国的に募金運動が展開されます。

歳末たすけあい募金も、共同募金の一環

歳末たすけあい募金も共同募金の一環です。
歳末たすけあい募金には、市町村の区域毎に行う「地域歳末たすけあい」と、「NHK歳末たすけあい」があります。
歳末たすけあいへの寄附金は、見舞金として歳末時期(当年度)に使われ、地域福祉サービス事業などには、原則として翌年度に使われます。

共同募金は、10月1日から12月31日まで

運動は、北海道から沖縄まで全国一斉に行われます。
毎年1回、全国一斉に募金を行うため、厚生労働大臣の告示によって、募金期間が決められています。
10月から12月までは一般募金を、12月中は歳末たすけあい募金もあわせて行います。
また、この期間以外でも、様々な寄附金を取り扱っています。

共同募金は、民間の社会福祉事業や活動に役立てられます

「共同募金」は、民間の社会福祉の資金として使われます。
「共同募金」への寄附金によって、民間の社会福祉施設や社会福祉協議会などの社会福祉の団体は、さまざまな福祉活動を行っています。
「共同募金」は、寄附した方々の地域で生きる寄附金です。また、「じぶんの町をよくするしくみ」ともいえます。
配分委員会が「配分案」を作ります。
使いみちの計画や、実際に寄せられた寄附金をどのように役立てていただくかは公正を期して、県民の代表者(さまざまな分野から参加された方々)からなる委員会(配分委員会)で配分案を立てます。

共同募金の寄附は、税制上の優遇措置が受けられます

個人や企業が「共同募金」に寄附した場合、税制上優遇された取り扱いが受けられます。

日本赤十字事業への協力

自然災害や人的災害に活発な救援活動を行っています。

日本赤十字社とは

日本赤十字社は、1877年(明治10年)に創立された博愛社がその前身となっています。
1877年2月に発生した西南戦争において、官軍と薩摩軍の間で激しい戦闘が繰り広げられ、両軍ともに多数の死傷者を出しました。
この悲惨な状況に対して、救護団体による戦争、紛争時の傷病者救護の必要性を痛感し、佐野常民らにより、博愛社が設立されました。
この博愛社の活動は、当時、敵の負傷者間で助けるという考えが理解できなかった人々を驚かせ、人道・博愛という精神文化をわが国に植え付けました。
現在の日本赤十字社は、昭和27年に制定された日本赤十字社法に基づいて設置された法人として赤十字活動を推進します。

日本赤十字社薩摩川内市地区の活動

日本赤十字社は、各都道府県に支部を置き、その支部の組織として地区・分区が置かれています。
日本赤十字社薩摩川内市地区では、赤十字活動を推進するため、次の活動を行っています。

社員募集

日本赤十字社では、日本赤十字社の事業を理解され、毎年一定額以上(年額500円以上)拠出いただく方を「社員」と呼んでいます。
これは、定期的に、日本赤十字社の活動を支えてくださる「会員」のことを言います。
その社員の皆様が拠出される資金を「社費」。 社員以外の一般の方から拠出いただく「寄付金」(特に金額の指定はありません)この両方を総称して「社資」と呼んでいます。
日本赤十字社の活動は、「社員」としてご加入いただいたみなさまからお寄せいただく「社費」と、広く一般の国民のみなさまからお寄せいただく「寄付金」によって支えられています。

災害援護活動

風水害や火災などにより家屋が被災した場合などに、災害救援見舞品(タオルケット、救急箱、日用品セット、毛布)をお届けしています。

災害救援物資配付基準表

災害基準 全焼・全壊・流出・半焼・半壊・床上浸水
品名
毛布 被災者1人につき 1枚
緊急セット
携帯ラジオ・懐中電灯・軍手・救急セット・鉛筆メモ用紙・歯ブラシ・コップ・風呂敷・ティッシュ・ビニール袋 等
1名~4名
(標準世帯構成員4名)
1個
(ツーウェイバッグ)
5名~8名
(標準世帯構成員4名)
2個
(ツーウェイバッグ)
9名~12名
(標準世帯構成員4名)
3個
(ツーウェイバッグ)
見舞品セット
Tシャツ・タオル・バスタオル・レスキューシート・シャンプー・ポケットコート・ガムテープ
被災世帯 1世帯につき 1個(リュック)
タオルケット 1枚
ブルーシート 1枚

平成23年度赤十字社員増強運動ご協力についてのお礼

「Together for humanity」(2009赤十字運動標語)をスローガンに平成21年度も赤十字社員増強運動を市民の皆様にお願いしましたところ、本年度も多額の社資をいただきました。
赤十字活動へのご協力に感謝いたしますとともに、今後ともより一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

PAGE TOP